足り庵

肩の力をストンと抜いて、自分サイズで無手勝流~

台風15号、関東直撃!

昨日の話だけど、台風15号が関東を直撃した。

俺は日曜日の夜9時ちょい前に長野から東京に戻ったけど、特に雨も降らずにアパートへ帰れた。

そのまま、月曜日の朝6時半ぐらいに目覚めて、普通に8時ぐらいに徒歩で出勤。

途中、並木道路が小枝とか葉っぱで埋め尽くされてはいたが、台風来たんだ!ぐらいにしか感じず、更に府中名物の大ケヤキ並木を通ると、結構バッサリ行っていた。

f:id:tariyon:20190910225252j:plain

で、仕事場行くと人が居らん。

いつもは人に埋め尽くされているオフィスなのに。

俺が入室するとなぜかほっとした顔。

俺以外に来ている人は皆、前日泊りで来ていたんだそうだ。

駅ナビで運行状況見ると全ての電車が止まっていた。

徒歩通勤なのでなんか不思議な感じ。

皆さん、お疲れさまでした。

 

息子と一緒に釣り紀行:11回目!

3週連続で管釣りに行った。

行き過ぎだ。

でも、どうしても、前回の理論を実証したい。

ので、結局行っちゃった。

 

tarian.hatenablog.com

 

今回は息子もぐずらずに一緒に行ってくれたが、結果的にはもうしばらく行きたくないそうだ。。。

ということで「息子と一緒に釣り紀行!」の企画もこれでいったん終了だ。

次回は9月末の28日を予定しているがペース自体は計画よりも2か月前倒しになってしまった。

 

さて、今回11回目の釣り紀行のおさらいだ。

朝7:50分ごろ釣り場に到着したが何かおかしい。

そう、いつもいる常連たちが一人もいない。

休みか!?

一瞬焦ったが、管理人はいたので聞いてみると『珍しいけどこんな日もある』みたいな?

そのうち、常連の一人がやってきたが結局、広いボンドを3人で独り占め!?

これは釣れるぞ!と思いきや、最初に出だしこそは2~3匹、私も息子も釣ったが、そのあとは一気に温度が上がって、あまり釣れなくなった。

結果的には半日で、私が9匹、息子が7匹というところ。

そして、新品のルアーを2つもロストし手痛い釣果となった。

(一個1000円ぐらいだから)

 

持ち帰ったニジマスは半分は近所に分け、残りは甘露煮と塩焼きにしましたとさ。

本当はムニエルにしたかったけど、面倒になってしまったので。

 

f:id:tariyon:20190909213518j:plain

 

 

 

 

 

10回目の釣り紀行で最高記録を達成!

8月31日(土)に前回の第9回釣り紀行から2週連続での挑戦となる。

(予定では、次回9月14日(土)だったが色々と試したくて結局行っちゃった)

tarian.hatenablog.com

 

私は(疲れるので)基本、土曜日しか釣りにいけないが今回は息子が一緒に行くのを嫌がっているうちに釣り場の開園時間に間に合わなくなってしまった。

理由を聞いても、ちゃんと話さない。

でも、とりあえず、行ってみる。

案の定、10分開園に出遅れたせいで場所が端っこの良くない場所しか残っておらず、息子とも離れ離れに。

我々はタックルを共有しているのでタックルチェンジがとても不利に。。。

(網だけは4つも持っているのでいいんだけど。。)

この日は曇りで小雨も降りそうな釣り日和、ということもあるのか退場するまで満員状態だった。先週とはかなり違う。

 

今回は釣果を先に書くとオヤジも息子も新記録達成である。

しかも午前の部(8:00~12:30)で、15分遅れで、11時上がりにしたにも関わらず、だ。

私:13匹。

息子:6匹。

結果的には行くのを渋っていた息子も大満足(嫌がっていたのは、ここ五回、1匹しか釣れなくてつまらないからだったそうだ。『おもしろかった!』と満面の笑み。釣れない釣りはつまらないものなぁ。)

 

さて、今回の総括。

前回、ルアーのバラエティを増やすことで釣果の増大が期待できることにかなりの手ごたえを掴んだので、それを実践してみたのだがうまくはまった。

(もちろん、前回と違って、釣り日和だったことも大きな関係があるが我々が目指しているアベレージ10匹程度ではあまり関係ない)

 

前回の釣りを通しての改善点は大きく以下2点。

1.ラインに極細のフロロカーボンを投入。

  ネットで評判が良かった、「クレハ(KUREHA) ライン シーガー R-18フロロリミテッド 100m 1.5lb」をチョイス。

       amazonで、¥ 1,267。

   前回、投入に失敗したレガリスLT2000S-XHへ惜しみなく投入した。

f:id:tariyon:20190902221636j:plain

クレハフロロリミテッド1.5lb

 

2.ミドル層へのクランクベイトを投入。

   全部で4つ投入。

  ダイワ ルアー プレッソ ワブクラ 30DR×2種類(¥ 723と¥ 630)

  それと、SHIMANOルアー カーディフ ふわとろ DEEP 35D-F TR-135M ライムチャート 23T。¥ 803

  ついでに、シマノ ちびとろ 25mm 1.4g チョコレートチェリーも投入。¥ 953

  ちびとろはトップ層なので、あくまでもクランクベイトでダメな時のバリエーション。

f:id:tariyon:20190902222337j:plain

クランクベイト

 

実際の釣りの様子だが、まだ影が出ているうちにポッパーで2匹サクッと釣る。

8時半ぐらいには影も無くなり、反応も悪くなったので、すかさず、スプーン(オレ金)で一匹。すぐに反応も無くなったので、いよいよ、クランクベイトの登場だ。

あっさり、3匹ぐらい釣れる。キープは一人7匹までと決まっているので、ここで残り一匹なので、いよいよ待望のリリースに入る。

クランクベイトは大活躍だが、10時に100匹程度の放流が入り、ニジマスが活性化して、トップ層に群れが出来上がる。

よっしゃ、とオレ金を再投入。

すぐに3匹ぐらい釣れる。

そこからは、クランクベイトのみで13匹まで釣って、11時で終わり。

残り1時間半あったので、まだ2,3匹は楽勝に釣れた、と思う。

 

で、今日の俺論。

エリアトラウトはルアーのバリエーションで釣れ!』

半日券(=8:00~12:30)でのアベレージが20匹とすれば、その日の環境の変化だけみれば変動幅は、3割(=14~26匹の範疇)程度だと今の時点で思っている。←一番良い日(天気とか気温とか)はそれなりの常連の腕で26匹釣れて、悪い日(暑いとか)は14匹程度、という意味。

 

私は安い道具でほどほど釣ることをテーマにしているが、それでも今の道具立てならば、『車一台買えるぐらい投資している!』という常連たちと比較しても2割程度しか釣果に影響しないと思っている。

つまり、11~21匹の範囲であれば十分合格である。

 そして、釣りのスキルという意味ではやっぱり(せいぜい)2割程度の変動幅しかないと思っているので、13~25匹の釣果が出せれば、十分だと思う。

 

・今年は11月ぐらいまであと、4~5回は釣りに行くと思うが、上記の仮定を目標に楽しみたい。

 

・あと、息子も同じレベルで釣りができるように監督したい。←今回、手ごたえを掴んだので、次回は10匹を目指してもらおう。

 

・そして、もう一つのテーマであるおいしいニジマス料理の実現。←こちらも前回から手ごたえを掴んでおり、あと2,3回で確信を得られるものができると思っている。ブログへの書き込みは別途、やるつもり。俺論的には『黒いニジマスを掴め!』ということになる。

今回20匹近いマスを釣ったわけだが、1匹だけ黒いマスが混じっていた。

f:id:tariyon:20190902231023j:plain

幻の黒いニジマス

で、色の違いを常連たちに聞いてみたら、脂が乗っているが黒いマスということらしい。実際に鱗を落としても他のマスとは全然違う肌触りで、実に不思議。

 

今回は2匹だけ家に残して塩焼きにして食べ比べてみたが黒いマスは明らかに出っぷりとしていて、食べた家族に聞くと(体長だけは黒いマスよりでかい)他のマスより脂が乗っていて旨い!ということだった。

 

次回の釣り紀行は9月14日(土)を予定している。

2回連続で釣りに行ったら、腰がやばいことになりそげな感じだから、9月7日は絶対に行かないぞ!と。

 で、3連休なので燻製にする予定なのだ~

 

 

 

 

 

9回目の釣り紀行

息子の夏休みも終わり、8月24日(土)に9回目の釣り紀行を断行した。

今回は息子があまり乗り気ではない。

実は夏休み中、元嫁実家のある四国へ行っていたが毎日2時間ずっと海釣りをしていた。

しかし、釣果は20日間で10センチのサヨリが一匹だったそうだ。

それで嫌になったらしい。

場所が悪い、とあれほど言ったのに、とうとう、先方に打ち明けられず、アジもやってこない場所で一人さみしく竿を振っていたらしい。

 

それはさておき、こちらの釣り紀行。

前回はいまいちだったが、今回は新兵器を用意し、満を持しての挑戦だ(これ、書くの何回目だろう。。。)

tarian.hatenablog.com

今回の新規投入アイテムは以下の通り。

1.新ロッド:シマノのS56SUL。 4,627円

  やっと、短竿でSULをゲット!これで取り回しが楽になるはず。

f:id:tariyon:20190826225814j:plain

シマノS56SUL

2.新リール:ダイワのレガリスLT2000S-XH。¥ 6,912

  いままでライン付きで3000円ぐらいのシマノ・アリビオ1000で頑張ってきたがナイロンラインに限界を感じていたので新たに評判が良かったこのスピニングリールをチョイス。ソルトウォータ対応は必要ないのでこれ以上高いリールを今後、買うこともなかろう。

 

3.新ライン:デュエル(DUEL) PEライン アーマード F(0.3号)。 ¥1,084 

f:id:tariyon:20190826230447j:plain

DUEL アーマードF

4.ダイワのロッドスタンド:ロッドスタンド 300 ¥ 4,526

 やっと、ロッドスタンドを購入。買ってよかった!

f:id:tariyon:20190826230645j:plain

ダイワ ロッドスタンド300

 5.その他いろいろ。ルアーとか、ショックリーダを結ぶためのSCのっとのための逆ピンセットとか、ハサミとか、新規ルアーとか。


さて、今回のテーマは、『行く管理釣り場にあった道具立てで普通に釣る!』である。 

不満の合ったところは全部買いなおした。

 

今度こそ、夢の10匹越えを二人で実現だ!(一回実現しているけど)

朝8時開園ダッシュでまずはホッパーでトップを狙うが、なんと日光がきつくて、マスがトップに上がってこない。

7月までは考えられない状態だ。

焦る。

結果的にはホッパーでは一匹しかつれなかった。

仕方が無いので、ミドルをクランクベイトで狙おうとするが、忘れてた。俺、まともなクランクベイト2つしか持っていない。

いかんせん、タマ不足。

息子はそのうちの一つを一匹釣った後にロスト。

半日4時間で、釣果は以下に。

俺:計6匹。スプーンで2匹、クランクで3匹、ホッパーで一匹。

息子:クランクで一匹。

きっつ~

でも、俺はバラしが6匹あったので結構満足した。

何よりの成果は初めて使ったPEラインの使いやすさかなぁ。

ナイロンではふわっと舞う感じのラインが、PEではピシッと決まって気持ちいい。

そして、噂通りの情報量の多さ。バイトしたのを的確に伝えてくれる。

これには驚いた。

ただし、これは従来の安ものリールであるアビリオでのPEラインだった。

今回の本命である、レガリスでは新規投入のナイロンライン0.3号を巻いていたが、ライントラブルで最初の10分で使えなくなってしまったのだ。

次回はレガリスにフロロカーボンを巻いて、再度挑戦したい。

 

なぜPEじゃないか、というと常連たちが使っているのはフロロの1号以下と判明したからだ。

 

次回の訪問は9月14日(土)を予定している。

次こそは親子で計20匹越えを目指すぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8回目の釣り紀行でしばらく休業!

7月6日土曜日に3週連続となる8回目の釣り紀行を強行。

俺は半日、息子は3時までで5匹と2匹の低調だった。



f:id:tariyon:20190712065701j:image

今回は多めにマスが必要だったのでそのまま餌釣り一時間し、全部で20匹の持ち帰りとなった。

それをさばいたが途中でぎっくり腰になってしまった。

結果、日曜日は東京へ戻れず、月曜日のあずさの中でこのぶろぐを書いてる。

再発が怖いので9月までは釣り止めようっと。

7回目の釣り紀行は梅雨の空のごとく、今一つ、、、みたいな?

毎回、準備万端な気分でエリアトラウトを狙いに行っているわけだが、目標だった10匹の釣果は達成し、Fishing&Cockingな私は次こそうまいニジマス料理を作ってやろうと意気込んだ6月29日(土)の北杜市管釣り

tarian.hatenablog.com

天気が悪いことは承知でカッパ持参で朝8:00開演前に伺った。

この日は息子がボケっと出がけからしていて、ずっと怒鳴っていた。

開始早々、2回も糸を絡ませるし、本当に途中で帰ろうかと思いもしたがとりあえず、午前の部(8:00~12:30)のみの俺が6匹で、一日券な息子が5匹、と少しパッとしない微妙な釣果。

朝から天気が悪いせいで体中が痛いし、頭も重い良くないコンディション。

とりあえずは、11匹のニジマスは生きたまま全部、ギロチンの藻屑となりました。

でも、やつらの生命力は尋常ではなく、頭だけとなっても1分以上生きてるし、胴体も背開きにしようと包丁入れると跳ねるし、なかなか一筋縄ではいかない。

捌いている間に野生の狸がニジマスの内臓を軽く5匹分ぐらい目の前で平らげていた。

うまいのかねぇ。

 

家に帰ってから、10%濃度の塩水に1時間ほどつけてから、水気を取って、吸水シートにおいて、扇風機かけっぱなしで一晩干したら、写真な感じ。

f:id:tariyon:20190702214857j:plain

背開きして一夜干しにしたニジマスたち

まぁまぁ、カピカピになったので翌朝の朝食に4枚ほど焼いて、食卓に出した。

息子はちょっと箸をつけてやめた。ジジとババは完食。

ジジはまぁまぁだ、と言った。

息子が箸を付けないぐらいなので危険物とみなし、ご近所さんへ配ったとさ。

結局、うまい!と言ったのはフライと塩焼きだけだったなぁ。

次回、管釣りに行ったら、釣果は甘露煮を真面目に作って、東京に住んでいるおじさんに送ってあげる予定。

 

来週、7月6日(土)に行くかは今のところ、不明。

それほど天気が悪く無ければ行ってもいいかな。

息子が行きたい!っていうから。

でも3週連続はさすがに体がきついし、どうしようかなぁ。。。。

 

管釣りでは、フローティングプラグを使ったアクティブな釣りが楽しいし、釣果が上がるため、とりあえず、ルアーバリエーションを増やすため、もう一つ、ルアーを購入しておいたけど。

f:id:tariyon:20190702215858j:plain

ポッピンバグ 桜姫。初めてのダイワルアー!

 

 

 

今週の土曜日は釣りに行けるだろうか。。。

先週、目標だった10匹の釣果を実現し、(気分がいいうちに)息子との釣り紀行を終了させようと目論んだが、息子が『まだ続ける!』と言い張るのでしばらくは白州の管釣りに通うことになりそうだ。

tarian.hatenablog.com

で、次は7月6日(土)を想定していたが、この間の目標突破と釣った後のニジマス料理に光明が見えてきたので、できれば、今週末6月29日(土)も行くつもり。

でも、雨が降りそうなんだよな~

ちなみに7~8月はこれを最後に管釣りの予定がない。

息子が夏休み中、四国のババの家に遊びに行く予定だからだ。

元嫁も実家のそばには住んでいるはずだが、とんと息子にはご無沙汰だ。

去年は一度も息子に会いに来ていない。息子はずっと待っているがなかなか残酷なことだ。

元嫁は実家とは絶縁状態なので、実家に長期滞在の予定も当然に秘密なのは考えてみればおかしい話だ。

息子の四国釣り漫遊記は別の話題になるとして。。。今週末に備えて色々と準備している。

何を?

釣り道具としては、以下3つ。

1.ルアーの替え針

2.シマノのフワトロトップ

3.エステルライン0.4号

実際のところ、もうあまり道具を買い替える必要はないと思っている。

この間の釣りで大体、確信を得たからだ。

(と言いながら、実は6Feetの竿を昨日、Amazonでポチりそうになったのは秘密)

今の最大のテーマはトップのフローティングなプラグを拡充させることと、触れただけでサクッと刺さる針にとりかえることだ。

(3のエステルラインは、0.8gのスプーンを飛ばすために、とりあえず発注をかけてみただけで今回は使わないかも。巻きなおす時間が無さそげだし、巻くにしてもリールは最安値のオオクマになるだろうから)

拘ったのは針だ。

f:id:tariyon:20190627221850j:plain

ダイワ プレッソ シングルバーブレス エアスピード!

とにかく、細い。

魚がつついてきただけでサクッと刺さるのは間違いがない。

でもたぶん耐久性はかなり低いと思う。

一回の釣行で取り換えなのは覚悟している。

それでも試してみる価値はある。

でもスプーンじゃなくてフワトロに使う予定なので十分10回分はあるからいいのだ。

問題なのはこの製品、Amazonでは売っていないということ。楽天のたった一店舗のみで見つけることが出来てラッキーだった。

早く成果が見たいものだ。

 

でも、今回の目的は実は釣果ではなくて料理の方。

前回、マスフライにしたら、ジジも息子も『うまい!』と喜んだのだ。

初めての事。

色々と考えていたが今までうまく感じなかったのは魚が水っぽいせいじゃないか?と思い始めている。

そもそも俺はマスや鮭が好きじゃない。水っぽいから。

ではどうするか!?

ネットでググると解決策が出ていた。

そう、一夜干しだ!

(あるいは燻製)

で、一夜干しの道具一式もすぐにAmazonで調達。

まな板や出刃包丁も購入し、現地で下ごしらえを全部して、その場で漬物樽に食塩水を仕込み、車で帰宅する1時間程度の間で塩処理する予定だ。

家に着いたら、乾燥シートにくるみ、干し網にいれて、扇風機を一晩、ガンガン回して次の日には完成させる予定だ。

今回ばかりは俺も試食するつもり。

 

たのしみ~