足り庵

肩の力をストンと抜いて、自分サイズで無手勝流~

もう師走~

今年も色々とありすぎて、気が付いたら、終わろうとしている。

正直、きつい。

 

何とか、長野県に帰ろうと思って求職活動を8月ぐらいまでしていたが、あきらめた。

求人自体は増えているのは明らかだが、やはりまともに食えるような仕事はない。

実際、5年前までハロワの紹介で50通求人に応募したが全部書類選考だったのに、今年は5通応募したら、3か所面接できた。

でも、いかんせん、安すぎてどうにもならん。

なので、もう長野県で職を探さずに東京で粘ることにした。

アラフィフだけど。

 

と思っているうちに、7月に80歳過ぎの父親が脳梗塞で倒れた。

幸い、一か月で退院し麻痺も残らなかったのでほっとしたのもつかの間、9月には今度は腸がはみ出ている(=ヘルニア)で手術が必要だという。

しかし、本人は手術を早くしたい、と言いつつも『風邪ひいているから』とか言って、検査の予約を取ろうともしない。

そうこうしているうちに11月終わり。

色々と話していたら、どうやら言動がおかしいことに気が付いた。

同じ80歳過ぎの母親と二人っきりの時に話してみると、痴呆症状がでているという共有認識をもった。

脳梗塞は血流が止まる病気だから、痴呆になりやすいんだそうだ。

そりゃそうか。

麻痺が残らずラッキー!って思っていたけど、全然ラッキーじゃない。

ここから先、どうすればよいのか。

11月は眠れなかったよ。

もちろん、母親の方も色々と持病を抱えているうえに、(自分が)自分の母親を痴呆症で10年以上介護していたこともあり、今回の状況にかなり落胆していて、うつ病みたいになってきている。

いや厳しいよ、アラフィフ。

 

 

目の前で突然、人が死んだ

アラフィフだが、かなりショックを受けたので書いておこう。

職場で対面に座っていた知らない人。

変な顔をし始めた、と思ったら、30秒もしないうちに、呼吸困難に。

30秒ぐらいでチアノーゼを起こし、そのまま倒れてしまった。

いびきのような死線期呼吸をし始めたので、脳卒中だと思われたが、すぐに心肺停止状態。

フロアには100人以上の人がいたので、心得のある人がすぐに心臓マッサージを施す。

AEDも張り付けたが、心室細動は起きていない。

15分ぐらいで救急救命士チーム(=8人ぐらい)がやってきて、バトンタッチをする。

アドレナリンを投与しながら、心臓マッサージを20分ほどその場で続ける。

そして、担架で搬送していった。

夕方に上長からのメールで死亡が確認されことが伝えられた。

結局蘇生はしなかったとのこと。

要は私の目の前で突然死したのだ。

最初から様子を見ていた私はかなり動揺した。

その人は40歳だったというが、シングルファーザーの私は子供を残してこんな風には死ねないと思った。

いや、『死なない!』と誓ったというのが正しいだろう。

いなり庵:準備

2週間ほど前から、稲荷寿司が急に気になりだした。

今まで作ったことも無いのに。

今週、帰宅したら、作り始めようと思う。

 

事前にちょっとだけググって調べてみた。

 

稲荷寿司は、五穀をつかさどる、豊穣の神である稲荷神に関連付けられた、印籠寿司(中にごはんを詰める)の一種だそうだ。

稲荷と聞くと、油揚げが大好物の狐を連想させるが、狐は実際には稲荷神の神使らしい。

そういえば、狛犬と同じ位置だ。

 

稲荷寿司のどこが豊穣の神と関連付けられているかというと、稲荷寿司の形が米俵に似ているから、らしい。納得。

 

とりあえず、プレーン、からし、わさび、ショウガの4つから始めるかな。

40個ぐらい。多いか?

ちょっとテンション、上がってきた~

 

ハスの花って朝咲いて夕方はつぼむのね

今の仕事場へ通う途中にある公園は蓮が植えてある。

で、今満開だ。

思わずぱちりとスマホで撮っておいた。

f:id:tariyon:20180703221204j:plain

↓  

帰りに見たら、花が閉じてるじゃん。

f:id:tariyon:20180703222158j:plain

 

アパート帰ってから、ちょっとググると、蓮の命って4日間なのね。

この蓮華も明日か、明後日には散ってしまうか、と思うと少し悲しい。

 

レオパレス問題:一旦保留

週末に契約しているレオパレスの店頭に行ってきた。

物件の紹介と今、起きている界壁工事の不備について説明してもらうためだ。

とはいえ、前日までに色々と考えて、保留にしようと思っていたので土曜日に店舗に行くつもりはなかったのだが、12時近くに店舗の方から電話がかかってきたので、物件の紹介もちょっと興味があり、行ってみた。

 

結果からいうと、レオパレスのお引越しは中断することにした。

理由は以下。

1.今住んでいるレオパから人がどんどん退去していくが、新しい人は入って来ずにHPでの物件紹介も空き部屋が契約不可になっている。そのため、あれほど、騒音に悩まされている私は今現在、超静かで快適なのだ。

で、ちょっと聞いてみたが、現在、レオパは調査状況の確認が取れるまで国交省から新規入居のストップをかけられているそうだ。

どう考えてもしばらく入居できるとは思えない。

たぶん、最低でも来年の3月末までは無理だろう。

 

2.紹介してくれる物件は、築年数が浅い、遮音フローリングや遮音壁を完備しているが、価格が(値引きしても)4000円ほど高くなるのと今住んでいるところよりも不便になる。平日寝るだけの部屋なのに年額5万円アップというのはバカバカしい。

 

3.レオパレスは契約後2年以内に退去する場合は38000円の清掃費用を取られる。

今住んでいるレオパの契約はすでに3年半過ぎているので出るときにはお金はとられないが、引っ越すとそこから2年以内に出るとやっぱり清掃費用が取られるとのこと。

 来年3月末までには長野に撤退した私には不利な条件だ。

 

4.今、住んでいるレオパは状況からかんがみると限りなく違法施工に黒な物件だということが分かった以上、改修が必要となるはずで、その時に再度交渉したほうが話が早いと判断した。

 

ということで、レオパのコールセンタへ(条件次第では引っ越してもよいという趣旨の)メール一本入れて、一旦この件はPendingとする。

時間の無駄だし。

 

レオパレス:住替えはいい物件が出てくるまで待つことにした。

不良物件内部確定なのか、住んでいるレオパレスは全部、レオパ持ちで引っ越させてくれる、というので少しテンション上がったが、紹介された物件3件は全て今住んでいるレオパより古かった。

これでは引っ越す意味がない。

だって、今住んでいるところが不良物件だとして、次のところも不良物件かもしれなくて、いくら引っ越し諸費用モチと言われてもなぁ。

せめて、住みやすい所に引っ越せるならばいいけど、今のところとそれほど変わらない利便性。

 

それに、今住んでいるレオパはもう4人しか住んでいないのに、Web上で募集がかかっていない。

たぶん、本気で不良物件にあたったんだろう。

そうすると修繕が終わるまではこの物件に人が入ってくる予定はないわけだ。

ならば2Fの住人の足音に悩まされることもないわけだし、実質あまり引っ越す意味が無くなってしまった。

 

逆に、不良物件だからこそ、早く住人を退去させて、補修工事をする必要がある。

なので転居費用だけではなくて、次の引っ越し場所の減額交渉ができるようになるまでしばらくここで粘るほうが得策と感じてきた。

そもそも来年の3月ぐらいには東京を引き払う可能性も高いし。

 

所で、今日のレオパ情報。

やばいのは2000年までに立てたゴールドネイルシリーズ(=200棟弱)かと思いきや、そちらは設計図通りに建築されている物件らしい。

ただし、建築法基準違反ではなく、そもそもその頃の法律では適法だったらしく、界壁が無いっていうのも法律的には問題ないらしい。

 

問題あるのはそのあと、2009年の消防法改正以前に建てられたシリーズだそうだ。

つまり、今住んでいるレオパだ。

2000年~2009年築のものだって。

それは、設計書通りに建てられていないものがあるそうだ。それが問題らしい。

(設計書では界壁工事=防火・防音石膏ボードがちゃんと入っているはずなのに、施工段階では意図的に工事がされていない。しかもそのチェック自体が通っている以上、組織ぐるみのものになる。今の新社長が就任したは2010年だからギリギリ引責退任になるかならないか、というところか。どちらにしても創業社長は2006年に背任で職を追われ、親族の現社長へのパトンタッチだからなぁ)

 

昨日からだいぶ悩んだが、今のところの決断は、よい物件に価格交渉できるまではこのままStayでいいや。

 

だって、人が住んでいないアパートは静かで快適だもん。

(そもそも引っ越いし先も危ないならば、意味がない、と繰り返し)